建設コンサルタントサンワコン 業務案内
画像床の上に置いたビー玉が転がるのを見て,「あっ,家が傾いている」というのはテレビでよく見かけます。土木構造物や地盤などでも,同じようなチェックができるのではないか?。単純な発想で玉コロ傾斜検知器を開発しました。

  • 行政
  • 民間
  • 学術

玉コロ傾斜検知器(一般名:球座式傾斜検知器)

 床の上に置いたビー玉が転がるのを見て,「あっ,家が傾いている」というのはテレビでよく見かけます。土木構造物や地盤などでも,同じようなチェックができるのではないか?。単純な発想で玉コロ傾斜検知器を開発しました。

 

イメージ玉コロ傾斜検知器

玉コロ傾斜検知器の特徴

斜面に登らず、安価に電源も使わず、斜面上部の異常をお知らせします

 斜面災害を未然に防ぐため、路上への落石や崩土の到達、路面のき裂の発生など、日常的に道路パトロールが実施されています。しかし、そのほとんどが路上からの目視観測であり、路上から見えない斜面上部の監視などには限界があります。当社の「玉コロ傾斜検知器」は路上からの監視が困難な対象斜面でも、検知器から連絡管を通じて警報器で斜面の異常を知ることができます。

 しかも、電源を使用しないことから故障も少なく、誰でもメンテナンスが可能です。また、防塵や防水に加え、強風や軽微な地震などあらゆる悪条件に対応できる構造になっています。設置場所や用途は斜面に限らず構造物や建築物など、お客様の発想で様々な場所に設置可能です。

 

既存の高機能機器と比較して、メンテナンスが容易であるなどのメリットがあります。

  1. 電源が不要です。
  2. 構造がわかりやすいのでメンテナンスが容易です。
  3. 精密機器や電源を使っていないため、雷や漏水による故障の心配がありません。
  4. 全方向の傾きを検知できます。(多くの機器は1方向または2方向)
  5. 価格が安い。(危険な部位が複数ある場合には高機能機器1個あたりの価格程度で複数設置することで危険箇所を網羅できる)
  6. 簡易な機器にもかかわらず、検知精度は0.01度~0.05度と高く、警報表示で一目瞭然です。

簡易点検と比較して、格段に精度が高いなどのメリットがあります。

  1. 路上から斜面上部の異常を監視できます。
  2. ノギスなどで計測するよりも検知精度が飛躍的に高くなっています。
  3. 警報機による赤旗表示の有無を確認するだけなので、誰でも点検できます。

動画でみる 玉コロ傾斜検知器のしくみ 


玉コロ傾斜検知器 動作のしくみ

動作のしくみ≪画像をクリックして拡大≫イメージ

傾斜検知のしくみイメージ

関連情報ライブラリ

お問い合わせ先

株式会社サンワコン 営業部

〒918-8525 福井県福井市花堂北1丁目7-25

TEL 0776-36-2791    (直通)