採用情報 サンワコンの社員

設計1部第2課
2015年
坂下 和也さん
入社するきっかけは何でしたか?
先生からの紹介だったと思います。学生時代はゼネコンなどの現場仕事に興味を持っており、インターンシップで体験したのですが、自分が今後仕事としてやっていけるのか不安になってコンサルに興味を持ち始めたときに先生からサンワコンのことを聞いて入社を考えたと思います。
現在の仕事内容を教えてください。
主に道路や河川、斜面、橋梁などの公共施設の設計を行っています。 特に自分は斜面と橋梁の設計を多く行っています。 斜面の設計では、近年自然災害により多発する斜面崩壊を抑止させたり、土砂の人家への流出を防ぐための構造物の設計を行っています。 橋梁の設計では、既存の橋梁の長寿命化を目的に、点検車などで目視点検して損傷が見られる箇所を補修する設計を主に行っています。
仕事をしてる上で印象に残っていることはありますか?
設計を行う上で様々な基準があり、基準に従った設計を行う必要があります。 それぞれの基準を確認しながら一つ一つの課題を解決して設計を行うため、いろいろと難しいです。 ですが、自分が設計したものが実際に形となってできあがっているのを見たときはすごく感動したのを今でも覚えています。
入社希望の方へメッセージをお願いします。
ここ数年、若手社員の人数も増えています。 入社希望の皆様も馴染みやすい環境となっていると思います。 お待ちしています。
エネルギー開発部
2017年
上田 圭佑さん
入社するきっかけは何でしたか?
もともとまちづくりや環境・エネルギー分野に興味を持っていて、建設コンサルタントにも関わらず環境分野に事業を進めているという話を聞いたことがきっかけです。新しい事業と伺っていたので、新規開拓事業の一員になれるのではと考えたため、ぜひとも入社したいと考えるようになりました。
現在の仕事内容を教えてください。
私どもの部署では、公共施設や一般企業などの事業所において、エネルギー(電気や燃料など)の無駄遣いをしているか、費用投資するとどれほどの効果があるかという調査を行っています。 これは一般的には「省エネ診断」と呼ばれており、提案された対策はコストカットにつながるため事業者様より好評をいただいています。ここ数年では太陽光発電システムの導入支援にも力を注いでおり、再生可能エネルギーの普及推進に貢献しています。
仕事をしてる上で印象に残っていることはありますか?
省エネ診断で様々な分野の事業所様を見れることや、対策実施によって効果があったというお声をいただいた時が一番印象に残っています。補助事業への申請というものは、書類の準備や現地調査などがあり取りまとめにかなりの時間を要します。そのような作業を私どもを中心として支援を行うことで円滑に進め、対策を実施し効果を感じられた事業所様より好評をいただけた時が最もうれしかったです。
オフはどのようにして過ごしていますか?
私は中学からバレーボールをしており、今でもオフには友人と集まってソフトバレーをしています。遠出という名目で、友人と旅行に出かけたり買い物をしたりと、充実したオフを過ごしています。
入社希望の方へメッセージをお願いします。
サンワコンでは、日々変化し続ける環境に対するアプローチとして、時代のニーズに応じた新たな技術開発に努めています。様々な分野の知識を持った人、未知の分野へのチャレンジ精神を持ち合わせた人、ぜひサンワコンの扉をノックしてみてください。みなさんの期待を形にできる企業であり、期待に応えることが出来る企業だと思います。
地域まちづくり部
2017年
堀江 美穂子さん
入社するきっかけは何でしたか?
大学時代に都市計画等を学び、それらを活かした仕事がしたいと思っていました。 育児等のワークライフバランスに配慮がありこの会社なら「やりたい仕事」で「女性でも長く働き続けることができる」と感じたため、弊社に入社を決めました。
現在の仕事内容を教えてください。
主に住宅関連計画の作成支援を行っています。 建物の目視調査や建替えした際のボリュームスタディを行う場合もあり、建築分野の部署と連携して業務を行うこともあります。
仕事をしてる上で印象に残っていることはありますか?
自身の担当した計画がきちんと製本されたときは達成感を感じます。
オフはどのようにして過ごしていますか?
子ども(園児)がいるため、子どもに合わせています。 基本的に残業や休日出勤はしていません。
入社希望の方へメッセージをお願いします。
「まちづくり」に興味がある方でしたら、きっと、やりたい仕事がサンワコンにはあります。 今、専門的な知識が無くても大丈夫です。 まちを支える仕事を一緒にやりませんか?
空間情報部
2010年
上田 恭平さん
入社するきっかけは何でしたか?
学生の時に会社訪問に参加しました。県内でいくつかの企業の会社訪問に参加し、そこから応募する企業を選びました。コンサルタント会社でソフトウェア開発をしている企業は珍しかったため興味を持ち、新卒採用に応募しました。
入社して感じたことはありますか?
最初に配属されたのが経営本部、情報技術部(現在の情報技術室)です。現在は、空間情報部へ異動になったため、入社前は少なくとも災害現場や埋蔵文化財発掘現場で仕事をすることは想像していませんでした。
現在の仕事内容を教えてください。
主にレーザースキャナやドローンといった先端技術を用いた3次元計測業務に携わっています。私が実際に携わった現場では、歴史的価値のある埋蔵文化財を傷つけずに保全し、研究する、被災直後の災害現場を迅速に保全して被害算定、災害査定を行い災害復興に繋げる といった目的の計測を実施しました。
仕事をしてる上で印象に残っていることはありますか?
最近で印象に残っているのは台風による土砂災害現場の計測業務です。非常に迅速性の求められる業務でしたが、先端技術を活用し、他の部門とも協力、連携して取り組むことにより業務を完遂しました。業務から学べたことは多く、計測技術の大きな向上を感じています。
オフはどのようにして過ごしていますか?
時間が取れるときは県外まで出向いて軽食店、喫茶店などを巡っています。入ると楽しいおすすめの喫茶店などがありましたら、教えていただければ嬉しいです。
入社希望の方へメッセージをお願いします。
サンワコンはコンサルタントとして先端技術の導入に力を入れ、常に新しい分野に挑戦していく企業です。測量調査等の先端技術活用に興味がありましたら、まずは会社訪問に来てください。会社訪問時は現在興味がある分野、学校で専攻している分野だけではなく可能な限り全ての部門、業務を見学してサンワコンという会社全体を知っていただければ嬉しく思います。
総務部
2015年
高島 実奈見さん
入社するきっかけは何でしたか?
学校に張り出されていた求人票を見たのがきっかけでした。 もともと自分がやりたい職種(事務)だったことと、通勤距離や休日が自分の望むものと一致していたため入社したいと思いました。
現在の仕事内容を教えてください。
受付(電話・来客応対、他)のほか、消耗品や作業服等の発注、会社の商業登記、業登録などを担当しています。
仕事をしてる上で印象に残っていることはありますか?
電話の応対がとても丁寧と言っていただいたことが嬉しかったです。 また、他部署の方から「さっきのお客さんが、受付の子の笑顔がいいねって言ってたよ」と聞いた時は この仕事をしていてよかったなと思いました。 大変だったことは、社内の人の顔と名前を覚えることです。 人数が多いのでなかなか顔と名前が一致せず、間違えて話しかけたこともありました。 当時は恥ずかしかったですが、今となってはいい思い出です。
オフはどのようにして過ごしていますか?
予定が合えば友人とご飯に行ったり、身内のこどもと遊んだりしています。
入社希望の方へメッセージをお願いします。
周りの方々は優しく、丁寧に仕事を教えてくれます。 少しでも興味のある方は、ぜひサンワコンへ!