防災・減災・国土強靭化 地質調査及び斜面防災関連

national-resilienceground-survey1

 土質工学・地質学・水文学などの知識とこれまでに培ってきた豊富な実績をベースにして、地盤や地下水の性状を明らかにするとともに、地質リスクを洗い出し、調査段階から品質・コストを意識したご提案をいたします。

事例紹介

  • national-resilienceground-survey2
    2018 道路防災対策工事のための現地踏査

    【斜面防災調査】
     道路や宅地等に面した斜面からの落石や土砂崩壊の危険性を把握して、注意喚起や対策設計に役立てます。従来の現地踏査だけでなく、上空または地上からのレーザー測量による微地形解析も併用、必要に応じて各種調査・計測を行って高い精度で斜面の健全性を評価します。

  • national-resilienceground-survey3
    2018 ガソリンスタンド廃業跡地における土壌汚染調査

    【土壌・地下水汚染調査】
     土壌汚染対策法に基づき、有害物質による土壌・地下水汚染の恐れがある土地に対し、

    指定調査機関(環2003-4-2056)として、地歴調査や土壌調査の法定調査、解析、評価に到るまでの一貫したサービスをご提供いたします。また、土壌汚染対策法の規制外である油汚染などについても同様のサービスをご提供いたします。

  • national-resilienceground-survey4
    2019 山岳トンネル工事に伴う水文調査

    【水文調査】
     トンネルなど地下の掘削は水環境に対して大きなインパクトを与え、地表水や地下水の減渇水、水質汚濁等が発生することがあります。水文調査とは、改変前の水環境の場の状態や水量・水質を明らかにした上で、改変による影響程度をモニタリングし、評価することです。
     調査計画の立案から調査・計測、解析、評価を長年の豊富な経験に基づいて行っています。

お問い合わせ先:株式会社サンワコン 地質部
〒918-8525 福井県福井市花堂北1丁目7-25
TEL 0776-32-6175(直通)