general-business-owner-action-plan 一般事業主行動計画(次世代育成支援対策推進法)

一般事業主行動計画(次世代育成支援対策推進法)

 サンワコンでは、次世代育成支援対策推進法に基づき、以下に示す「一般事業主行動計画」を策定しています。

 社員が仕事と家庭を両立させることができ、社員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての社員が健康で、その能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

2020年4月1日から2023年3月31日までの3年間

2.内容

目標1 男女ともに育児休業制度利用し易い『職場づくり』を促進する 男性社員:一人以上取得すること

<対策>

2020年4月~

  • 社員への育児休業制度の周知と啓発
  • 男性社員、管理職へのアンケートを実施し、育児休暇の取得を妨げる要因を把握し、改善策を講ずる
  • 管理職への研修等により、育児休暇の取得推進意識の統一を図る

目標2 仕事と子育ての両立支援の体制整備を推進する

<対策>

2020年4月~

  • 看護休暇取得時等のフォロー体制を確立する
  • 管理職への研修等により、看護休暇の取得推進意識の統一を図る

目標3 所定外労働削減のための措置を強化する

<対策>

2020年4月~

  • 毎週金曜日を全社一斉早帰りデーの実施継続
  • 管理職を対象とした意識改革のための研修会の実施継続
  • 管理者以外の社員を対象とした意識改革のための研修会の実施

女性の活躍、高齢者の活躍、障がい者の雇用

女性の活躍推進

 サンワコンでは、女性社員の活躍を推進するために、仕事と育児や介護等を両立するための休業や短時間勤務等に関する社内規定を制定し、女性が働きやすい環境整備に積極的に取り組んでいます。

 また、技術職を含む社員の女性比率は2割を超え、女性管理職も誕生しています。更に近年(2015~2019年の5年間)における新規採用者のうち女性は4割を超えています

高齢者の活躍

 サンワコンでは(2006年から)継続雇用制度を導入し、定年後のシニア層が活躍できる場を確保するとともに、多様な働き方ニーズに対応した働き方が選択できるようになっています。

障がい者の雇用

 サンワコンでは(2015年に)社内に『業務サポート室』を設置し、障がい者を新たに雇用し、社内各部署の業務支援を行う取り組みを行い、併せて社屋のバリアフリー化を進めています。

子育て関連

 平成27年に「子育てモデル事業」、平成30年度に「子育てファミリー応援企業」に認定されました。

子育てファミリー応援企業
子育てモデル企業