建設コンサルタントサンワコン 業務案内
PFI/PPP総合建設コンサルタントとして、地方公共団体のPFIの導入可能性調査・アドバイザー支援をいたします。また、公共用地活用への民間事業者導入や廃校となった公共施設の有効活用策の提案・事業化支援を行います。

  • 行政
  • 民間
  • 学術

PFI・PPP

 地方公共団体のPFIの導入可能性調査・アドバイザー支援をいたします。公共用地活用への民間事業者導入や廃校となった公共施設の有効活用策の提案・事業化支援を行います。

鯖江市福祉複合施設等PFI事業

鯖江市福祉複合施設等PFI事業

PFI・PPPとは

 PFI(プライベート・ファイナンス・イニシアティブ)とは、行政が民間の持つノウハウを生かしながら公共施設等の建設、維持管理、運営等費用の縮減や、公共サービス水準の向上を図り、効率的かつ効果的に公共サービスの提供を行う事業です。

 PPP(パブリックプライベートパートナーシップ)では、PFIと違い事業の企画段階から民間事業者を参入させるという点で、PFIよりも一歩進んだ手法であり、当社ではPPPに係るコンサルティングも行っています。

PFI事業

地元企業の事業機会の創出

地元中小企業の事業機会を創出し、地域経済の活性化につながるような事業スキームを提案していきます。

(中央の大企業が受注し、その利益が地元から流出する傾向があると言われています)

 

利用者の視点にたったスキームづくり

利用者(周辺住民など)の移行を把握しながら事業スキームを提案していきます。

(当該施設コスト縮減、公共サービスの質の向上を図るだけでなく、利用者のニーズに合ったサービスの提供が必要です)

 

PFI事業を含んだ多様な事業手法の検討

事業の性格や規模、地域性などによってPFI事業よりも他の事業方式で実施した方が良い場合があります。よって、PFI事業も含めて、どのような事業手法が最も良い手法なのか提案していきます。

(民間への業務委託方式、第3セクター方式、民営化など)

PPP事業 ~指定管理者の選定とアドバイザー業務~

 指定管理者制度は、多様化する住民ニーズに対し、「公の施設」の管理運営に関して広く民間等の能力を活用し、より効果的・効率的に対応し、住民サービスの向上を図りかつ管理経費等の削減を図ることを目的に制定されました。

 平成15年9月に地方自治法が改正され、従来「公の施設」の管理については、地方公共団体の出資法人等の団体に限定されていましたが、当制度の導入により「公の施設」の管理運営は、地方公共団体の直営、若しくは指定管理者を指定して行わなければならないことになりました。

 その経過措置期間は平成18年9月1日までとされ、この期間までに指定管理者制度を適用するか、直営とするのかを選択するようになりました。



 指定管理者制度を導入する場合は、複数の申請者の中から最も適当な者を指定管理者として選定することを原則とし、地方公共団体の出資法人等の団体以外にも、民間企業やNPOを含む法人その他団体など、幅広い団体の中から選定します。

 当社ではアドバイザー業務の実績を活かして、指定管理者の導入検討及び応募者選定等の業務の支援をさせていただきます。

業務種別

  • PFI事業
  • PPP事業

業務実績

  • 鯖江市福祉複合施設整備等PFI事業アドバイザリー業務(福井県鯖江市)
  • 国民宿舎・鷹巣荘指定管理者制度導入に係る支援業務(福井県福井市)
  • 再開発・PFI関連業務実績一覧

お問い合わせ先

株式会社サンワコン まちづくり事業部

〒918-8525 福井県福井市花堂北1丁目7番25号

TEL 0776-32-6170 (直通) 地域計画部

    0776-32-6166 (直通) 地域まちづくり部