建設コンサルタントサンワコン 業務案内

「コンクリートのひび割れ調査、補修・補強指針」(JCI)に準拠した簡易診断により、個々の施設に合った、効果的な調査・分析・補修工法を提案します。


  • 行政
  • 民間
  • 学術

コンクリート簡易診断

 「コンクリートのひび割れ調査、補修・補強指針」(JCI)に準拠した簡易診断により、個々の施設に合った、効果的な調査・分析・補修工法を提案します。

 コンクリート構造物の劣化は、その使用環境や材料、施工状況によって大きく異なってきます。

 これらの構造物を有効に活用するためには、劣化原因の調査、劣化程度に基づく対策の要否判定等、適切に評価・診断することが重要になります。

 当社では、最新の計測機器を使用した簡易な診断書を迅速に提案することで、安全な既存構造物の維持管理コストの低減に取り組んでいます。

≪簡易診断フロー(画像クリックで拡大します)≫

私たちが診断します

 当社は、総合コンサルタントとして、総勢200名以上の技術者陣から構成され、土木構造物はもとより、建築物、法面工対策、建物補償にいたるまで、 多くのコンクリートのプロが、さまざまな角度からコンクリートの構造物を診断します。

 

中山 伸一

コンクリート診断士

技術士(道路)

測量士、他

山崎 修二

コンクリート診断士

測量士、他


その他の技術者

コンクリート診断士 5名
技術士 38名
コンクリート技士 5名
一級建築士 8名
補償業務管理士 9名
測量士 89名

計測機器のご紹介

■ KUMONOS(クラックスケール内蔵光波測定器)

KUMONOSによる計測では、最大350mという位置から計測可能なため、足場、高所作業車、ゴンドラ等の仮設費用が不要で経済的に測定が可能です。 200m離れた場所での距離測定測定誤差はわずか±3.4mmで、きわめて正確なデータを提供可能です。 また、構造物に発生したクラックを3次元データとして保存し、過年度点検のデータと比較することで、経年変化を確認することが容易になりました。

■ クラックビューワ(デジタルひび割れ幅測定器)による計測

ここをクリックしてイメージの編集

ここをクリックしてイメージの編集

 

■ 自動画像合成+ひび割れ抽出画像処理

ここをクリックしてイメージの編集

ここをクリックしてイメージの編集

 

■ THERMO TRACER(NEC TH7100)による計測

ここをクリックしてイメージの編集

ここをクリックしてイメージの編集

よくある質問

Q1: 何故、コンクリート簡易診断が必要なのか?

A1: 構造物は使用状態や周辺環境条件、あるいは老朽化により必ず劣化・損傷が発生します。
初期の段階に適切な処置を行なうことで耐用期間の維持・延伸が可能ですが、放置すると、劣化原因によっては加速度的に進行し、使用不能となる場合も有ります。
漠然とした劣化・損傷に対し、原因を絞り込むことができるため、調査費が節約できます。
また、施工中に生じた不具合に適用する場合には、補修を伴うこともありますが、想定どおりの供用期間を確保することができます。
いづれの場合であっても、構造物の延命化や長寿命化を目指しています。

 

Q2:簡易診断を実施した場合のメリットは?

A2:目視調査により劣化要因が概ね判明でき、あるいは絞り込むことができます。
原因が判明した場合には、ひび割れ幅や損傷程度により概略的な補修対策を提案します。
一方、絞り込んだ要因に対しては、詳細調査の項目を提案します。

 

Q3:クラックビュワーでは何が判るのか?

A3: コンクリート構造物を診断する重要な指標のひとつとして、ひび割れ幅があります。
従来、ひび割れ幅を測定する手法は、クラックスケールをひび割れに当て、目視により計測していました。
しかし、ひび割れ幅は一様ではなく、0.2mm程度のひび割れを目視により測定する際には測定値にバラツキが生じるという問題があります。
クラックビュアーはそれを解消するための携帯型ひび割れ幅測定器です。
画像処理により定量的で誤差の少ないひび割れ幅を測定できます。

 

Q4: クモノスの特徴は何か?

A4: ノンプリズムトータルステーションにひび割れ計測ゲージを内蔵しており、離れたところから、コンクリートのひび割れ幅・位置・長さを計測することができます。
取得したデータはCADにより電子化し、視覚的にその程度を確認できます。

 

Q5: クモノスの有効性は何か?

A5: 従来、高い建物や近接不可能な場所の調査は、足場や高所作業車等を使用して、ひび割れをスケッチし、ひび割れ幅をクラックスケールで計測していました。
クモノスはノンプリズム計測機であるため、近接することなく、精度の高い調査が可能となります。
また、3次元電子データとして調査結果を保管できるので、経年変化に伴うひび割れの進行も確認できます。

 

Q6: 簡易診断の費用はどのくらいか?

A6: 目安ですが、目視点検は概ね350千円程度と考えています。コア抜きや強度試験などは別途費用がかかります。

業務実績

  • H16年度 橋梁健全度調査業務(福井県あわら市)
  • 中坪橋外2橋 橋梁補修設計委託(兵庫県姫路市)
  • 平成19年度 上重橋詳細調査業務 (福井県あわら市)
  • (県単)道路維持修繕工事合併工事 清滝新橋補強対策検討委託 (福井県勝山土木)
  • (県単)道路維持修繕工事ビシャ谷橋橋梁補修詳細設計業務委託 (福井県奥越土木)
  • (県単)橋梁維持修繕工事 橋梁詳細点検業務委託(福井県三国土木)
  • (県単)道路防災対策工事(交付金)調査業務委託(福井県福井土木)
  • (県単)橋梁維持修繕工事(一の又橋)橋梁床版調査業務委託(福井県奥越土木)
  • (県単)橋梁維持修繕工事 橋梁詳細点検等業務委託(福井県小浜土木)
  • 橋梁設計業務実績一覧

お問い合わせ先

株式会社サンワコン 設計部

〒918-8525 福井県福井市花堂北1丁目7番25号

TEL 0776-32-6173 (直通)