建設コンサルタントサンワコン 業務案内
  • 行政
  • 民間
  • 学術

地質調査

 地質調査は、地下に存在する土質・地質・地下水に対し、土質工学・地質学・水文学などの知識や理論をベースにして、地表地質踏査・物理探査・ボーリング調査・各種原位置試験などの手法を用いて、その物性等を明らかにするためのものです。また、近年社会的に問題となっている土壌汚染対策についても、汚染調査や浄化技術に対し、ボーリング技術が用いられています。

ここをクリックしてイメージの編集

ボーリング

 地盤に孔を掘り地層を確認するものであり地質調査の基本となるものです。

 橋および擁壁などの土木構造物やビルなどの建築構造物などの支持層確認をはじめとして、地盤沈下や地すべりなどの災害対策の調査に利用しています。

ここをクリックしてイメージの編集海上でのボーリング作業

ここをクリックしてイメージの編集山地でのボーリング作業

 

ここをクリックしてイメージの編集堆積岩のボーリングコア

ここをクリックしてイメージの編集火成岩のボーリングコア

地表地質踏査

 地表地質踏査は面的な調査であり、経験豊富な地質技術者が現地を歩いてルートマップ図・表層地質図・地質断面図などを作成します。これらの図面作成に際しては周辺の地形や空中写真の判読もあわせて行います。現地ではクリノメータ、ルーペ、岩石ハンマーなどを用い、露頭を細かく観察し、下記の項目に関して重点的に調査します。

 項目:地形、表層堆積物、岩質、地質構造、湧水状況、岩盤分類、崩壊形態

 地表地質踏査の結果から土木・建築構造物などの設計・施工管理などの設計・施工管理時の留意点を指摘、助言します。

ここをクリックしてイメージの編集砂泥互層流盤すべり

ここをクリックしてイメージの編集クリノメータによる走向傾斜測定

 

ここをクリックしてイメージの編集表層地質図

ここをクリックしてイメージの編集節理の発達した砂岩

物理探査

 物理探査は,自然のあるいは人為的に与えられた物理現象を地表で観測して、地質構造、地盤の工学的性質、地下水状態、地下の特殊地質、地下の物理現象などを推定する調査であり、観測される物理現象によって分類されます。着目する物理現象は電磁気、弾性波、地温です。物理探査の特徴として以下の利点があげられます。

  • 地下の工学的性質を物理量で示すことが可能
  • 理論的に地質構造を推定可能
  • ボーリングが点情報しか与えない一方,線情報,面情報が入手可能
  • ボーリング掘削不可能な場所でも探査可能
  • 構造物の性状判定にも利用可能

ここをクリックしてイメージの編集電気探査

ここをクリックしてイメージの編集弾性波探査

ここをクリックしてイメージの編集比抵抗断面図

各種計測

地下水調査

 地盤の地下水位および間隙水圧、透水係数などを把握し、根切りの排水計画、トンネルの湧水量の推定、地下水影響予測などに利用します。また、ダムでは基礎岩盤の透水性評価のためにルジオンテストを行います。

  • 間隙水圧測定
  • 現場透水試験
  • ルジオンテスト
  • 揚水試験
  • 地下水流向・流速試験

ここをクリックしてイメージの編集フロート式水位計による水位観測

ここをクリックしてイメージの編集水圧式水位計による水位観測

 

地すべり調査

 地すべり調査は地中の変動量調査によるものとその他の地質調査等によるものに大別されます。それぞれの主な調査種には下記にのような方法があります。

     地質調査などによる方法・・・・・・ボーリング調査、物理探査、物理検層など

     地盤変動量調査による方法・・・・パイプ歪計、孔内傾斜計、傾斜計、ぬき板

ここをクリックしてイメージの編集傾斜計による変位測定

ここをクリックしてイメージの編集伸縮計による変位測定

サウンディング・載荷試験

 サウンディングはロッドに付けたコーンやサンプラーを地盤中に挿入し、これを貫入・回転させて、その際の抵抗等から地盤の状態を調査する方法です。

  • 簡易動的コーン貫入試験
  • ポータブルコーン貫入試験
  • スウェーデン式サウンディング試験
  • 標準貫入試験
  • 孔内水平載荷試験

ここをクリックしてイメージの編集標準貫入試験

ここをクリックしてイメージの編集簡易動的コーン試験

 

ここをクリックしてイメージの編集孔内水平載荷試験

 

ここをクリックしてイメージの編集平板載荷試験

ここをクリックしてイメージの編集スウェーデン式サウンディング試験

土質試験

物理試験

 土の物理的性質(含水比、密度、間隙比、粒度、飽和度など)を求めるための試験です。

  • 土粒子の密度試験
  • 土の含水比試験
  • 土の粒度試験(ふるい分け、沈降分析)
  • 土の液性・塑性限界試験
  • 土の湿潤密度試験など

安定化試験

 盛土施工の際の土の締固め特性や道路や空港の舗装の際の路床や路盤の支持力特性等を求める場合に安定化試験を実施し、土の特性を求めます。     

  • 突固めによる土の締固め試験
  • 設計CBR試験
  • 安定処理土のCBR試験
  • 修正CBR試験

透水・圧密試験

  • 土の透水試験
  • 土の圧密試験など

せん断試験

  • 土の一軸圧縮試験
  • 土の三軸圧縮試験
  • 一面せん断試験など

ここをクリックしてイメージの編集三軸圧縮試験機

ここをクリックしてイメージの編集CBR貫入試験機

解析

 解析業務とは調査結果に基づき、地盤をモデル化し、工学的諸問題を定量的に判断するとともに、解析結果に基づき対策工を検討するものです。

一般的な解析

 杭の支持力の計算、軟弱地盤解析(沈下計算と安定計算)、路床・路盤の判定、液状化の予測・判定(簡易法、詳細法)など

有限要素法(FEM)を用いた変形解析

 近接施工を伴う工事等において、周辺建物(住宅・重要構造物など)や鉄道軌道等への影響の程度および対策工の検討などに用いています。

ここをクリックしてイメージの編集

既往盛土に腹付け盛土を築造する場合の変位量を予測した事例 (二次元解析)

ここをクリックしてイメージの編集

軟弱地盤に高盛土を築造する場合の地盤内応力やひずみの変化量を予測するためのワイヤーフレームによる地盤モデルの事例 (三次元解析)

有限要素法(FEM)を用いた浸透流解析

洪水時の河川堤防の安定性評価、トンネルなどの地下構造物を築造する場合に周辺地下水に及ぼす影響評価などに用いています。

ここをクリックしてイメージの編集

洪水時の河川堤防および基礎地盤に対する地下水の流速の大きさとその方向を予測した事例 (二次元解析)

業務種別

  • ボーリング
  • 地表地質踏査
  • 物理探査
  • 各種計測
  • サウンディング・原位置試験
  • 土質試験
  • 解析
  • 土壌地下水汚染

業務実績

  • 平成17年度永平寺大野道路上志比地区水文観測調査(福井河川国道事務所)
  • 砂防激甚災害対策特別緊急事業 地質調査業務(福井土木事務所)
  • 最終処分場建設に伴う地質調査業務委託(敦賀市)
  • 市道京ヶ峰中央線水源電気探査業務委託(糸魚川市)
  • 砂防基礎調査費補助事業 基礎調査業務委託(福井県)
  • 道路改良工事(地域連携推進(国道))井戸調査業務委託(福井県)
  • 県立病院関連施設建設工事地質調査委託(福井県)
  • 雨水排水対策に伴う水位観測委託業務(栗東市)
  • 地質調査の事例一覧

お問い合わせ先

株式会社サンワコン 地質部

〒918-8525 福井県福井市花堂北1丁目7番25号

TEL 0776-32-6175 (直通)